応用哲学会第八回年次研究大会 

日時:2016年5月7日(土)および8日(日)(以前の予定から変更されたので注意!)

場所:慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎1階519教室

アクセス情報:http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

*懇親会について: 懇親会を5月7日の18時30分から生協三田食堂(西校舎B1F)にて行ないます。会費は、学生会員3500円、その他正会員、非会員は4000円です。(学生会員の定義については「入会案内」のページをご覧ください。学生会員として入会申込みを済まされた方も3500円とします。)一部ですが、ベジタリアンディッシュ、ソフトドリンクもご用意しています。ぜひご参加ください。

*発表者の方へ: ハンドアウトが必要な場合は事前にご用意ください。会場でのコピーサービスはございません。パソコンと必要なコネクタも各自ご持参ください。貸し出しはいたしません。(プロジェクタとミニD-Sub15ピンのVGAケーブルまでが会場にございます。その先をご用意ください。)

*大会参加について:参加費をいただいております。会員は500円、非会員は1000円です(ただし当日入会申込みをされた方は500円です)。事前登録は必要ありません。会場にてお支払いいただけます。

【大会シンポジウム】哲学は視覚イメージ化できるのか──多様な媒体を通した表現のあり方を探る

開催日時:5月8日(日)13:00-15:15

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎1階519教室

登壇者(敬称略):

理系漫画家はやのん(はやのん理系漫画制作室代表)「漫画で伝えるサイエンス・コミュニケーション」

児玉聡(京都大学大学院文学研究科准教授)「オンラインコースで届ける生命倫理学入門」

森岡正博(早稲田大学人間科学部教授)「まんがで哲学を表現する可能性──まんが原画を描いた経験から」

田中さをり(MIDアカデミックプロモーションズ代表取締役)「国連大学広報と雑誌『哲楽』での試み」

(司会:田中さをり)

※大会前日の5月6日(金)13:00-17:50にかけてサテライト研究会「論数哲2016」を開催します。

お知らせ

2016年4月21日 サテライト研究会「論数哲2016」のプログラムと発表要旨の一部を公開しました。

2016年4月14日 予稿集を公開しました。大会タイムテーブルを改訂しました(シンポジウム会場が西校舎519へと変更になりましたのでご注意ください)。

2016年4月9日 大会タイムテーブルに司会者を追記しました。

2016年4月5日 シンポジウムの発表タイトルが決定しました。


The Eighth Annual Meeting of Japan Association for Contemporary and Applied Philosophy (JACAP), Year 2016

call for presentation in English
proposal form   We stopped accepting applications.

When Saturday, May 7, 2016 to Sunday, May 8, 2016

Where Keio University, Mita Campus,

http://www.keio.ac.jp/en/maps/mita.html

[Announcements]